理想の戸建てについて考える女性

どうしても出てきてしまうホコリの対処方法!

戸建てでは、どうしてもホコリが出てしまいます。マンションと比較しても木材やカーテン等の布の利用が多く、外部からの入り込みも考えられます。

ホコリの発生を抑えるにはゆっくり掃除機で取り除くことが必要です。また、原因となる物質を断捨離することも重要で、十分な自然換気の活用も望まれるのです。ホコリは人からも発生し、窓からは花粉などの有害な物質も入り込みます。戸建てはマンションよりも地面に近く、ホコリが入りやすい環境です。

住宅は建材やカーテン・備品などからチリやホコリ、その他の有害物質が発生することがあります。住人の健康のためにはそれらの発生を抑えることと、室内の空気を要ら変える換気が大切なのです。

チリやホコリには花粉の他、ダニなどの有害な生物も混入しています。それらは人間にとって害をなすものなので、発生させないことが必要です。

チリやホコリはカーテンやジュウタンなどの布から発生しやすくなります。また、窓を通して直接入ってくるものもあるのです。有害なチリやホコリはゆっくりと吸引することが必要で、断捨離により健康被害が出ないようにしなければなりません。

掃除機床はホウキで掃くのではなく、掃除機で吸引することが必要です。チリやホコリを舞い上がらせるような掃除の方法は間違っています。床は掃除機を丁寧にかけることで、多くを除去できるのです。

室内の空気にはチリやホコリ以外にも、有害な物質が含まれています。ホルムアルデヒド等の化学物質はシックハウス症候群を発生させる有害物質です。

建築基準法ではこれらの物質を一定量以上含んだ建材の使用を禁じるとともに、24時間換気扇による空気の入れ替えを義務付けています。24時間換気扇による空気の入れ替えはチリやホコリの除去にも効果的で、積極的な利用が望まれます。

室内環境の維持には建材の種類を選ぶことも大切です。化学物質でつくられた建材は有害物質を発生しやすく、利用は最小限に留めたいところとなります。

室内環境を健全に保たせる建材に自然素材があります。自然素材は化学物質のような有害な物質を含まず、チリやホコリの発生も最小限です。自然素材は湿気の調整作用もあるので、室内の空気を適正に保つ働きが期待できます。

健康被害が生じた場合は室内の空気が健全かどうかを調べ、原因を除去する必要があります。一部屋の窓を2か所以上設けることで、自然換気がしやすくなるのです。換気扇を用いた機械換気と共に、窓を利用した自然換気は室内環境を健全に保つために必要となります。

関連記事