理想の戸建てについて考える女性

ハウスメーカーの比較ポイントはココだ!

戸建ての住宅を建てる場合の依頼先として工務店と並んで代表的なものにハウスメーカーがあります。しかし、ハウスメーカーはその数が多く、選ぶのが大変との声が聞かれる場合もあるのです。会社選びでは業界動向サーチやランキングなどを参考に、自分で判断することが求められます。業界動向サーチやランキングで会社選びをする場合は、顧客の満足度や着工数、契約数などにより判断するのが一般的です。

ハウスメーカーの比較ポイントについて説明する女性ハウスメーカーを選ぶ場合、単に契約数や満足度、着工数だけで判断するのは危険です。顧客の人気は必ずしもあてにならず、そのことが良い住宅を保証するものではありません。人気は短期的なもので、長い間に不変であるとは限らないのです。ハウスメーカーを選ぶ場合は自らの価値観を明確に持ち、それに照らして良し悪しを判断することが求められます。

日本のハウスメーカーには様々なタイプがあります。その特徴は構造により区別でき、木造・軽量鉄骨造、鉄筋コンクリートパネル構造などに分かれます。木造はさらに在来軸組工法と2×4工法に分けることができるのです。

また、会社独自の工法を採用する会社もあるので、選択には注意が必要です。この中で在来軸組工法は全国の工務店でも施工が可能なので、オープン工法とも呼ばれます。それに対して会社独自の工法は他ではできないので、クローズド工法と呼ばれているのです。オープン工法は比較的安くて後の増改築が容易なのに対して、クローズド工法の住宅は高額で増改築も簡単ではない傾向があります。

ハウスメーカーは提供する住宅の価格帯が大きく異なる場合があります。工務店に比べてハウスメーカーの提供する住宅は一般に高額です。耐震性や審美性などの性能が高いことが主な理由ですが、会社経費の高さも全体の価格を押し上げています。それに対して低価格を売りとするハウスメーカーも存在します。材料の大量調達や職人の組織化などにより最終的な価格が引き下げられています。しかし、オプションが多く変更で費用が追加されえるなど、注意点もあるのです。

ハウスメーカーは企業として利潤追求を第一の目的とするところがほとんどです。工務店のように技術重視ではない点を納得した上で購入することが必要となります。ハウスメーカーの中にも顧客の利益を第一に考えている会社も存在します。ランキングが低くても、顧客の利益を第一に考える会社を選ぶのが、失敗しないポイントとなります。

関連記事