理想の戸建てについて考える女性

ペットを室内飼育する際の注意点とは?

戸建てではペットの飼育が自由にできることを期待している居住者も多くいます。マンションのような制約もなく、近隣に迷惑にならない範囲でしたら外部に問題は生じません。

しかし、ペットの室内飼育にはいくつかの注意点もあるのです。犬や猫は臭いを発生するので、それが室内にこもってしまいます。床や壁の建材にひっかき傷をつけることもあるでしょう。被害を抑えるためにはスプレーの利用やパネルと柵を用いた対策が必要となるのです。

ペットの室内飼育ではひっかき傷や臭い以外にも抜け毛や温度管理に注意することが大切です。ひっかき傷は建材を適切に選ぶことで対応できます。ひっかき傷が付いても違和感のない材料を使用するなど配慮が必要なのです。

木材などに付いた傷はスプレーにより見えなくすることも可能となります。臭いはなるべくこもらないようにし、頻繁な換気が必要となります。近年の住宅にはシックハウス症候群対策として24時間換気扇が設置されているので、稼働させることが効果的です。

抜け毛はカーペットに付着しやすく、掃除が大変です。ペットを飼うスペースにはカーペットを避け、掃除のしやすい床材を張ることが求められます。温度管理にはエアコンが活用が勧められ、特にペットが留守番するときには稼働させる必要があります。

猫猫は高いところや隙間が好きで、日向ぼっこに熱心です。そのためのスペースを設置することで、居心地が改善されます。犬は専用の居場所をつくると落ち着く傾向があります。また、玄関土間収納や足洗い場の設置も便利です。

ペットの室内飼育では、誤食の危険を除去し、火災等の事故が発生しない配慮が必要です。そのためには活動エリアを限定するための柵やパネルの設置が効果的です。

火災の危険はキッチンまわりに集中しているので、立ち入りを制限することも考えなければなりません。ペットはその特性に応じて行動パターンが異なるのです。そのことを理解し、適切な用意をしておくことが必要となります。

戸建ては室内飼育の場合でも外部空間の積極的な利用が可能となります。初めから飼育が予想される場合は土間空間の充実などの必要な対策をとることが効果的なのです。

さらに犬の場合は毎日の散歩が欠かせません。散歩に連れ出す準備スペースは充実させる必要があります。玄関を共用する場合でも、ペットのためのコーナーをつくり、衛生面での配慮をすることは効果的です。戸建てではペットに合わせた快適な空間が設置できます。

関連記事