理想の戸建てについて考える女性

太陽光発電を設置するメリット&デメリットをご紹介!

現代の戸建ては省エネが求められています。自然換気で空気を循環させたり、自動で省エネするエコな設備機器を使用することで電気代を節約することが求められているのです。

環境にやさしく、電気代の節約にもなる方法として太陽光発電が普及しています。太陽光発電は装置で発電した電力を自らの家で使うだけでなく、電力会社に買取してもらう手法が取られているのです。

ソーレ―パネルを設置した家住宅部門で省エネが求められているのは、運輸部門や産業部門よりも対策が遅れているからです。住宅部門の省エネは戸建て住宅以外の大きな建物から順に始められましたが、これからは戸建て住宅も対象となることが決まっています。

戸建て住宅の省エネでは、外皮と言われる屋根や外壁、サッシ部分の断熱性能に規制が設定されることになるのです。さらに、設備機器のエネルギー効率が一次エネルギー消費量という基準を設けて規制されます。

省エネ規制には太陽光発電の設置を評価する項目があり、その設置により基準値のクリアが容易になります。これからの住宅はエコの設備機器を使用することが必要で、電気代の節約が求められるのです。エコの設備機器は自動で最適の燃料を供給するようにプログラムされていて、省エネに貢献しているのです。

省エネは自然の力を利用して行うことも可能です。空気の移動を自然に任せる自然換気を積極的に利用することで、換気を機械に頼る割合が減ります。

昔の住宅は開口部を広く取ることで自然換気を利用した空気の循環を行っていました。現代の住宅は断熱の必要性から密閉される傾向にありましたが、これからは自然換気の重要性が高まってきます。

太陽光発電は電力会社に余った電力を買取りしてもらう制度を元に運営されています。発電された電力は住宅内部で使用され、余った場合は電力会社に買取ってもらう訳です。

しかし、電力会社が今後も継続的に電力を買取ってくれるかどうかは不透明で、必ずしも確定した将来利用の確約がある訳ではありません。

太陽光発電は電気代の節約と共に省エネに貢献することになります。ただし、設置に当たってはメリットとデメリットを正当に評価して判断することが必要です。

太陽光発電はソーラーパネルの効率が重要で、効率の高い機種は高額です。太陽光パネルはその性能を維持できる耐用年数があり、それが過ぎると交換が必要です。そのため、初期投資以外にもメンテナンス費用が発生することを理解する必要があります。

関連記事