理想の戸建てについて考える女性

注意して!中古物件のリスクとは?

戸建ては新築だけでなく、中古の物件もあります。少子高齢化が進むことから中古物件の供給は増え、求めやすい環境となっています。しかし、価格の安い中古物件にはリスクもあるのです。

中古物件中古物件のリスクとしては、最新の設備に対応していないことがあります。また、仕上げ等の古い部分を修繕する必要も生じるはずです。古い部分の修繕や最新設備の導入には高い費用が発生します。中古物件は老朽化による修繕コストの心配があるのです。

中古物件は新しい建築基準法の規定に対応していない可能性があり、この場合は一定の配慮が必要となります。一般的に住宅は建てられた時の基準に適合していれば合法ですが、増改築等の場合に最新の建築基準法へ適合することが求められます。中古住宅の購入と合わせて増改築を行う場合は、建築基準法への配慮が必要となるはずです。

中古住宅の中には老朽化が激しいものもあり、購入前の調査が望まれるのです。その場合の修繕コストも考慮して、購入価格を決める必要があります。古い住宅はその当時の設備機器がそのままとなっている場合があり、注意が必要です。

リフォーム済みの物件ではない場合は、購入後のリフォームが必要となるのです。リフォームが済んでいるかどうかは、購入価格に大きく影響します。最新の設備機器の導入にはそれなりの修繕コストが発生し、高い可能性もあるのです。

中古住宅は水回りの修繕により、ストレスなく使い続けることができます。キッチンの流し台とガス台、トイレの便器、洗面の流し、浴室のユニットバスなどを交換することにより、住宅は見違えるように新しく見えます。

内装ではクロスの劣化が激しい部分の張替えが求められます。気になる部分を修繕することにより、愛着を持って住宅を使い続けることが可能となるのです。

中古住宅の耐震性を正確に知るには個別の調査が必要ですが、建築年によりおおよその強さを知ることができます。1981年の耐震基準改正後の住宅は一定の耐震性が期待でき、2000の補強金物基準改正後の施工であれば、現在の基準とほとんど変わらない性能が期待できます。耐震基準改正前の施工である場合は、耐震診断により耐震性を確認しとくことが勧められるのです。

中古住宅ではシロアリ被害の心配もあります。特に湿気が多い地域や水漏れのある物件では被害が予想されます。シロアリ被害が瑕疵担保責任の対象であることを契約書等により明確化しておくことが今後のためには必要となるのです。瑕疵担保責任の期間は契約書において変更されている場合もあり、内容を納得することが求められます。

関連記事